樋口商店
四万十町
仁井田米
窪川ポーク
土佐和牛
ここがあそこ
ワギュウでクッキン
うし劇場



女店主の独り言
カメ石ちゃん











畜産の盛んな「四万十町」。
養豚、酪農、肉牛、鶏卵とありとあらゆる畜産農家がいます。
近年では「窪川ポーク」の名で、豚肉も人気です。

【おいしさ実感】

当然、食べます「窪川ポーク」。というか肉はほとんど豚肉です。
焼肉、すきやき、しゃぶしゃぶ、なんでもOK!焼肉も数年前から「トントロ」が人気になりましたよね。
あんな感じで豚バラをカリカリに焼いて食べたら最高!土佐和牛もおいしいけど、豚の方がたくさん食べれます。自分(まさひと40歳)くらいになると牛はあんまり食べれません。脂がきつくて・・・。だから樋口商店(というか樋口家)では、普段は窪川ポーク、たまに土佐和牛というかんじです。飲食店での食材としての人気も高いです。

【旧窪川町内に12グループ】

親子2世代にわたって、養豚業を営んでいる生産者も多く、地域が一体となって生産しています。かつては町民のほとんどが家庭で豚や乳牛、鶏を飼っていました。そんな土地柄なので畜産に関する蓄積されてきた知識とノウハウが、おいしい窪川ポークを生み出します。


Copyright (C) 2008 Higuchi Syouten. All Rights Reserved